自分で決められるMVNOに魅力

MVNOの最大の魅力は、通信状況をユーザー自身で決めることができる点です。

MVNOは、通信設備を大手キャリアから借りていますので通常の無線回線と比較すると通信速度が速い傾向にあります。

しかも、MVNOではこの通信状況を自分で決めることができるため、その人の生活に合わせた容量で契約を締結することが可能です。通信容量に関しては、個人差が非常に大きくそれほど使わない人にとっては大容量のサービスは無駄になります。

こうした点も改善できます。



料金プランが安いからといってサービスの質が悪いわけではありません。



料金プランが安いのには理由があります。



通信回線をキャリアから借りているため、通信設備の維持コストが全くかからないことと、通信に関する容量の制限によって必要以上の負担を会社側が背負わなくても良い点が挙げられます。
MVNOは、プラン内の通信容量ならば高速でサービスを利用できますが、それ以上の容量を利用すると通信速度に遅延を生じさせる対策をとっています。

こうすることで、バランスの良いサービスを提供することが可能です。


インターネットで大容量が必要になるサービスは、基本的に決まっています。
例えば、動画やゲームです。
動画やゲームには多くのデータ通信が必要になりますので、それだけ必要な通信容量も大きくなります。

言い換えれば、こうしたサービスをあまり使わない人にとってはMVNOの自由なプラン設定は非常に魅力だと言えます。